SpiceJet、IndiGoがDelhi空港のターミナル2へのオペレーションをシフト

SpiceJetとIndiGoは、Delhi International Airport Ltd(DIAL)指令を3月25日から部分的にTerminal-2(T2)に移行することに最終的に合意しました。

この操作の変更により、フライヤーの乗客面積は、現在の面積25,917平方メートルから62,010平方メートルの複合面積に増加する。

SpiceJetターミナル2フライトスケジュール

SpiceJetは7セクター(航空便番号SG 8000〜SG 8999)をT2にシフトします。以下は、ターミナル2から運航するSpiceJetのフライト一覧です。

IndiGoターミナル2フライトスケジュール

IndiGoはセクターのうちの10個(フライト番号6E 2000〜6E 2999)をT2にシフトするように設定されています。 2018年3月25日から開始される、T2からのフライトの完全なリストがここにあります。



注:他のすべての国内線は、第1ターミナルおよび第3ターミナルからの国際線の運航を継続します。

"