新しい幸せな国は......

昨年、ノルウェーは世界で最も幸せな国であると宣言され、2018年には、 フィンランド この切望されたタイトルを引き継いだ。

おそらく、それは北欧のものです!彼らは私たちの残りの人が気づいていない秘密を明らかにしたようです。

Copenhagenに拠点を置くHappiness Research InstituteのCEOであるMeik Wikingは、フィンランドのような北欧諸国は、「良い生活のために良い条件を作るという点では何か正しいことをしている」と語った。世界で最も高い税金を払っているにもかかわらず、北欧諸国)は富を富に転換するのにうってつけです。

確かに、これらの国々は米国のような移民よりもはるかに少ない移民であると、世界幸福報告の共同編集者John Helliwellは、幸せな国に移住する人々はしばしばより幸せであると言いました。
(私たちも行けますか?)

「この報告書の最も印象的な発見は、移民の幸福と地元で生まれた幸福の間の顕著な一貫性である」とHelliwellは語った。

"