東京の食べる日:料理の旅程 - Lonely Planet

あなたは東京に来て食べましたか?このワールドクラスのハイライトを見てみると、一ヶ月は必要です。世界で最も美味しい食べ物の街がいくつかあります。しかし、市場やデパートを狙ったり、寿司やお酒を飲んだりするなど、一日で多くのことができます。

食べ物を愛する人にとって東京で一番いいのは、どんな予算でも食べて飲むことができることです。この旅程は、ミッドレンジの高い方の端に当たっています(あなたはそれほど費やすことはできませんが、もっと多くを費やすことができます)。ラーメンの食事のひとつを入れ替えることでノッチをはずしてください。これは決して失望しません。

市場での朝

東京で食べる日は、築地市場への朝の旅から始まるのは当然です。市内の有名な魚市場は、2つの部分に分かれています。内海市場(正式にはシーフード中級卸売業者エリアと呼ばれています)は、マグロオークションが午前6時ごろのほとんどの朝に行われます。 たくさん オークションを見るために120の探検された場所の1つにスコアをつけたいならば、待ち行列に入る前に。

とても早く起きることに熱心ではありませんか?外の市場は、フロスのような日本料理の本質を売る何十もの売り手を見つけるための場所です 加藤武 (鰹節のフレーク)を使用して 大橋 (魚在庫)の繊細なシート 私も 寿司ロールを包むのに使用される貝(海苔)、そして食事を完成させるタルト、カラフルな漬物。

ヤマチャなどの小売店を探す たまご焼き、寿司の店で(しかし、朝食のためにも良い)巻かれたオムレツを提供しました。それはここで非常に混雑することができるので、後ではなく早く来るように支払う。幸いにも、優れたラテの近くにあるタレットコーヒーは、平日に午前7時から開店します。

築地の内なる市場は、2018年10月に豊洲の新工場に移転する予定であることに注意してください。新市場ではどのような訪問者のアクセスがあるかはまだ分かりませんので、マグロのオークションがあなたのバケツリストに載っていれば、今すぐ!

寿司のランチ

魚市場での朝は、寿司の食欲を取り戻すために縛られています。東京で最高級の寿司カウンターでの食事は、一生の体験ですが、安くはありません。そのため、寿司をランチには好きです。正午の食事は、暗闇の後でやっていることの半分(またはそれよりも少なく、特にあなたが酒をノックしていない場合)の半分を要することがあります。

80年以上にわたり、東京の機関であるKyūbeyと間違って行くことはできません。 Kyūbeyは、信頼できる品質、歓迎されるサービスとコストパフォーマンスの優れた組み合わせを提供します。のために行く おまかせ (シェフの選択)、一日に一枚ずつ用意された、一日の最高の漁獲量を選ぶことができます。 11.30amの座席を予約してください(それ以外の場合はキューに入れてください)。

昔の東京の雰囲気と古い東京の味のために、キズシも大好きです。ここの寿司は、世代を通して伝わる技法を使って塩漬けされ、マリネされています。また、店は魅力的な木造家屋にあります。予約が推奨されています(夕食に必要です)。

銀座、日本橋のグルメショッピング

銀座は東京の高級ショッピング街とグルメスポットです。クラシック百貨店三越は優秀です デパチカ (地下の食堂)、完全に熟した産物、日よけの茶、大理石 ワグュー (日本の牛肉)、彫刻のお菓子 - 名前を付けて - トッププロデューサーから。これはまた、贈り物として与えられた日本の有名な傷つきのない(そして高価な)果物の例を見つける場所です。スワンク・モール銀座シックスにはちょっとした食堂もあります。ブティックAkomeyaは、醤油や味噌などの職人食材、美しい伝統的な台所用品 シャモジ (稲のパドル)から刻まれた ヒノキ (シダー)木材。

近所の日本橋 - 築地に入る前の元の魚市場の家には、数々の古き良きグルメショップがあります。ニホンザシの本店や日本各地の有名な出身者がいるCoredo Muromachi複合施設を立ち上げてください。豪華な季節のデモを見る わかし 鶴屋義信で作られた和菓子です。

お茶休憩

何年もの間、東京はコーヒーに魅了されていますが、最近は街が紅茶に乗っています。お茶のサロンの数が増えています。 玉露 (若い葉から作られた高級グレードの紅茶)を 煎茶 (薄くない若葉からの緑茶) - 日本の様々な地域からの他のすべての種類のお茶はもちろんです。

桜井日本のお茶体験は観光客の罠のように聞こえるかもしれませんが、そうではないとお考えします。ミニマリストのカウンター、エレガントな食器、丁寧に選んだ紅茶を個別にまたは試食の一環として提供している、華やかな小さなスペースです。彼らはまた、ティー・カクテル(オーナーはバーテンダーだった)をしています。

伝統的には、京都の一番有名なお茶専門店、300歳の一等堂が運営しています。ここではサンプルができます コイチャ、正式な茶道での「厚いお茶」(通常よりずっと厚い 抹茶、粉末緑茶)。どちらのお店も、家に持ち帰るためのお茶と茶器のパッケージを販売しています。

居酒屋ディナー

パブで食べることなく英国に行かないのと同じように、食べることなく日本を訪れることはできません。 居酒屋。これらは古典的な飲食店で、酒(またはビールなど、お好みの飲み物があれば)は生のシーフード、煮込んだ豆腐、フライドチキン、豚肉を煮込んだ小さな料理とペアになっています。

上野駅近くの新池は、理想であるために多くの人が抱きしめている 居酒屋。 100年近くにわたり、メニューは常に季節的であり(食べ物は腐っていない)、 大ギンジャ (最高級の日本酒)は常に滑らかになり、常に活気のある雰囲気を醸し出しています。より現代的なものがあれば、渋谷の渋谷では、忘れられないような味わいを味わいながら、退廃的な刺身を食べることができます。

ナイトキャップ

虹色の電化街並みと24時間のエンターテイメントシーンの中心である新宿のガラスを上げて、一日を終わらせる。 Zoetropeは、世界でも最高の日本のウィスキーコレクションを備えた、近所にある無数の小型レーザーバーの1つです。 BenFiddichは東京で最もクールなカクテルバーで、夢のような雰囲気の中でハーブのコンシャスを盛り上げています。

.